Aug 22
2013

うつ病予防

ストレス発散の為に、定期的に運動をしているという人も多いのではないでしょうか。

実際、運動を続けている人は、運動をそれほどしていない人に比べて、ストレスに対する対応力が高く、うつ病にかかりにくい傾向であるようです。

逆に、あまり活動的に体を動かしていない人ほどうつ病にかかる確率が高くなっています。

これは、有酸素運動、または筋力トレーニングを行なうことで、緊張、疲れ、怒りなどのマイナスの精神状態がプラスの状態へと変化して、ストレスを発散、そして解消することができるからです。

また、20分以上の運動を週に3回と定期的に行なうことで、気分の浮き沈みが少なくなり、プラスの気分も維持されるからです。

ストレス同様、うつ病にかかる要因の1つであると言われているのが恐怖、苦痛、困惑から生じる不安です。

この場合も、単発的でも継続的でも、運動をすることによって改善効果が得られ、うつ病にかかるリスクを減らすことが可能となります。

This entry was posted in うつ病予防. Bookmark the permalink.

Comments are closed.