仮面うつ病

仮面うつ病とは、一見うつ病に見えないのですが、身体症状という仮面をかぶったうつ病のことです。

この仮面うつ病は、気分の落ち込みなどはそれほど見られませんが、その代わりに頭痛や肩こり等の身体症状が目立つのが特徴です。

特に、初期段階では、頭痛、肩こり、胃痛、動悸など、身体的な不調が現れるのですが、はっきりした気分の落ち込みはないため、うつ病と気づかなかったり、病院で診察する際も、内科、耳鼻科、眼科などを受診し検査をしても異常が見つからない為、放っておいてしまう場合が多いようです。

しかし、治療をせずに放っておくと、身体的な症状が悪化するとともに、途中で目が覚めたり早朝に目が覚めるタイプの睡眠障害や記憶力・集中力の低下などの症状も現れはじめます。

多くの人は、この時に初めて心因性のものではないかと思い、精神科を受診してうつ病と診断されるのです。

Comments are closed.